問合せ
お問合せ
遠藤自律神経研究所 埼玉県さいたま市

自律神経を乱す原因

  • HOME »
  • 自律神経を乱す原因

自律神経を乱す原因

機能性ディスペプシアの根本原因は自律神経であります。その自律神経を乱す原因を述べたいと思います。原因が分かれば、それを取り除いていけばよいのです。アドバイスも踏まえながら解説していきます。

ストレス

自律神経を乱す原因の中で、一番大きいのが、やはりストレスです。社会人ならば残業続きで働き過ぎたりすると、ストレスが溜まります。そのストレスが自律神経を乱します。学生ならば勉強や部活動のストレスがあります。1日が24時間では足りない程、ゆとりの無い毎日だとストレスが蓄積して、最後には胃腸の働きもおかしくしてしまうのです。だから少しゆとりを持った生活を送った方が良いのです。

睡眠不足

ストレスを解消する為に、睡眠は非常に大事です。だから睡眠時間はしっかりと確保したいのです。出来れば22時までに寝て欲しいのです。無理ならば23時までに寝ましょう。しかし現代人は忙し過ぎる方が多いので、それも無理ならば最低でも0時までには寝ましょう。と言うは、0時を過ぎるてしまうと、例え長く寝ても、脳の疲れが十分に取れないのです。

昼夜逆転生活

昼夜逆転生活は自律神経を乱します。人間の体は生来、昼間に活動して夜は寝るようになってるのです。つまり昼間は交感神経、夜は副交感神経が働くようになってます。これと逆の生活してると、当然、自律神経も乱れます。

マイナス思考

例えば人間関係において、同じストレスを受けても楽天的な考える人も居れば、悲観的に考える人も居ます。当然、楽天的に考えた人の方がストレスが軽くて済む訳です。一方、悲観的に考えた人の方がストレスが大きい訳です。だから何事もプラス思考に考えましょう。それだけでストレスが軽くなり、胃への負担も軽くなります。

 

 

TEL 048-654-9236 遠藤自律神経研究所 さいたま市

 

平成14年設立 18周年

施術回数30,000回以上

機能性ディスペプシアのコラム


PAGETOP
Copyright © 機能性ディスペプシア専門の施術 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
電話お問い合わせ