問合せ
お問合せ
遠藤自律神経研究所 埼玉県さいたま市

根本原因は自律神経

  • HOME »
  • 根本原因は自律神経

自律神経とは何か

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあります。交感神経が胃の働きを抑える神経で、副交感神経が胃の働きを活発にする神経であります。だから食事中は副交感神経が強く働いてなければなりません。ところが副交感神経が上手く働かないで、逆に交感神経が強く働いてしまう方が居るのです。そうすると食欲が出なかったり、胃もたれや胃痛の原因になり機能性ディスペプシアを発症させる訳です。

ストレスが自律神経を乱す

それでは何故、機能性ディスペプシアの人は交感神経が強く働いてしまうのでしょうか? それはストレスが原因なのです。例えば受験勉強や残業続きて睡眠時間が減ったりすると、ストレスが溜まります。また学校や職場の人間関係などでもストレスが溜まります。こうしたストレスが交感神経を緊張させてしまうのです。だから自律神経の整え胃をいたわる為には、もっとリラックスする必要があります。

自律神経の乱れが根本原因

機能性ディスペプシアの原因には幾つかありますが、一番大きいのがやはり自律神経です。自律神経とは自分の意思とは関係なく勝手に働く神経の事です。だから自分の意思で胃の調子を改善させる事が出来ないので、どうしようもない訳です。それが機能性ディスペプシアで悩んでいる、今の皆様の状態という訳です。

自律神経の調整専門の手技療法

そこで当所の手技療法が皆様のお役に立てる訳です。自分の意思ではどうにもならない自律神経なら、やはり外部からの働きかけが必要なのです。そこは当所の手技療法にお任せ下さい。

 

 

TEL 048-654-9236 遠藤自律神経研究所 さいたま市

 

平成14年設立 18周年

施術回数30,000回以上

機能性ディスペプシアのコラム


PAGETOP
Copyright © 機能性ディスペプシア専門の施術 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
電話お問い合わせ